トマト栽培(30種) 加工用トマトのこと トマト品種 トマト料理と美容健康 トマトの知識 ガーデニンググッズ
水耕栽培 気になる産直トマト マンションで菜園



家庭菜園全般
固定種、海外種は収穫量が減る





固定種、海外種は収穫量が減る

トップページ
 |

固定種、海外種は収穫量が減る



海外のトマトを育てると収穫が少ない


これは、海外の固定種トマトなのですが、得てして固定種の品種はF1品種に比べると収穫できる量が減ってしまいます。これは、どうがんばっても、多収性、豊産性の品種だと宣伝文句で言われていても、固定種、海外の固定種では、普通に、国産の園芸屋さんで売られている苗を買って植えるのと比べると、だいぶ減ってしまう場合が多いです。

いくら上手くないから多く収穫できないんだ、来年はうまくやってたくさん収穫してみせると意気込んでみても、やはり、どう考えても、苗作りから、自分でやると、国産の販売苗よりも遅れてしまいますし、普通に花が咲く時期から遅くなってしまいます。海外はわかりませんが、日本の気候は移り変わりが激しく、日本の夏はあっという間に終わってしまいます。

トマトが栽培できて食べれるのも、露地しか無い家庭菜園では本当に限られたごく一部の時期だけです。そのため、早く植えることが収穫を増やす一番の方法でもあります。この点で1つ不利なところがあります。

さらに、固定種は病気に抵抗性が弱かったりして、疫病や青枯れ病などで枯れたり、実が腐ったりして収穫量が減ってしまうことがあります。もともと、1本のトマトから収穫できる実の重さが少ない固定種から収穫量を増やすように改良されたF1種というのもたくさんありますし、それのほうが、たくさん収穫できて当たり前なわけです。また、日本には梅雨という気候があり、以上にジメジメしてカビの多い国です。カビは野菜の病気の原因菌となっています。

これに対抗することができる品種というのは、海外のからっとした気候のものとは異なるのかもしれません。もちろん、なんの問題もなく育つものもたくさんあります。

そして、そもそも、トマトは背丈がいくらでも伸びていき、伸びた分だけ花を咲かせて実をならせていくものだというのは、国産のトマトの品種の話で、世界には、1mくらいの高さで成長が止まるトマトがたくさんあります。これは、ある程度実がなってから、それ以上はもう成長せず、花も実もつかずに、枯れてしまいます。ちょうど、とても暑い日本の夏に合わせて枯れていくような感じです。

もちろん、枯れずに夏場も伸び続けて実がなる品種もありますが、おどろくほど実をならして、トマトの葉よりも実の方が多いのではないかというのは国産のF1品種の方が実現しやすいものです。

そのことを考えて、海外の固定種トマトを育てなければなりません。だいぶ、難しい趣味なのかもしれません。簡単にたくさん作れるということとは、反対の道へ進んでいるわけです。その中から、育ちやすい品種を見つけるのも楽しみですが、得てして、収穫量の少ない品種も育てることになります。トータルで考えると、育てるトマトを全部、国産のF1品種の苗に変えたほうが、絶対に収穫量は増えます。2,3倍になるような気がします。自分は海外種で失敗ばかりしていますので。。

そういう事を考えて、トライしてみるか考えてみるとよいかもしれません。


改良品種は凄い


やはり、改めて思うのは、たくさんのお金をかけて品種改良した品種はとても素晴らしいということです。

病気にも強く、本当に簡単にたくさんの実がなります。たしかに、スーパーで売られているものと同じ味ですが、それだけ、信頼性が高いのだとも言えます。ですので、F1種の種が高いのも納得できる値段だと個人的には思ったりもしています。

今、作っていて面白いと思う、固定種のF1種版が出ればおそらくそっちを買うと思います。それくらい、固定種は大変です。特に海外種は気候が違いますので、本当に種によって、全くだめだったり、ほどほどに収穫できたりとしています。しかし、横で育てている、F1国産種は、信じられないくらい実をならしていたりします。比較のために毎年、定番の一番有名な国産種を育てていますが、どうしてもその凄さがわかります。

海外種の大玉トマトが10個まともに収穫できたらいいほうで、その横で国産トマトは20、30個は軽く採れてしまいます。これを比較すると、なんで、こんなことをやっているのだろうと考えてしまいます。

しかし、そもそも、家庭菜園は植物を育てる楽しみを味わうためにやるわけで、効率のみを考えるものでもないと思います。育てる楽しみが高ければそれで自分も満足できて、いいのかもしれません。

たとえば、仮に3個しかならないけど、他にないとてもおいしい品種があったら、やはり、それはプレミアムな価値ですので、あえて、1本分の場所を空けて、その品種を育てると思います。


おすすめのページ

ビッグレインボウトマトの育て方

高温を好むのか、過繁茂に弱いのか、なかなか、実をつけてくれませんでした。茎はとても太く勢いがあります。 Bigと付いているだけあって、超大型種の特徴で茎が太いのでしょうか。 過繁茂にしたつもりもないのですが、実がなかなかつきませんでした。それでだいぶ、枝を切ったり、葉をちぎったりして、真夏になってきてようやく、実が大きくなっているのが分かりました。

ブラックシーマントマトの育て方

黒系大玉トマトの中でおそらく一番に近いくらい熟期が早く、収穫が早いところがあります。それがブラックシーマントマトです。 確かに他に同時に育てたトマトと比べて、かなり早いです。気温の低い時期からの成長度合いもいいです。

ブラックプラムトマトの育て方

グレープトマトと呼ばれるタイプの形のトマトです。 草丈がそれほど高くは伸びず、枝が過繁茂になるほど樹勢も強くはありませんでした。 実付きがいいので多収性があると感じられるかもしれません。ただし、1果房あたりの実は少なく、小さく不揃いですので、ローマやサンマルツァーノのようにはいきません。

パーシモントマトの育て方

食感は、ゼリー質が少ないため、食べているという感じが強いです。また、ほとんど果肉でゼリー質が少ないのですが、もさっとした感じが全くなく肉がとてもしっかりとしていますので、口の中でしっかりと残って食べごたえがあります。

コストルート ジェノベーゼ トマトのトマト育て方

乾燥したスナップエンドウの種です。 こういう状態で売られています。 それを1日水につけると、本来の形に戻り、種が生きていることがわかります。







おすすめ商品は↓こちらから!





ゴーヤー 育て方なす 育て方きゅうり 育て方水耕栽培イチゴ 育て方家庭菜園根茎葉大根デジタルフィルム現像山林売買レトロ写真の撮り方壁のサイト、  熱帯魚の飼育クロスバイクオールドレンズお魚ブーン
(C) トマトの壺 All rights reserved.